MENU
ぺた
旧リアルマッコイズとバズリクソンズのコレクター丨ブログ『Flight Jacket研究所』を運営丨突き刺さる人には突き刺さるみたい丨コレクションの管理が難しくなってきたので、一部をオークションにてお譲りしています|
【オークション】旧リアルマッコイズB-3&B-2出品中!!

【The REAL McCOY’S】 McCOY’S Trousers Olive Drab Herringbone Twill 1995s 旧リアルマッコイズ

旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズの横から見た画像

本日ご紹介するのは、旧リアルマッコイズのヘリンボーンツイル(通称HBT)を使用した1995年製マッコイズトラウザーズです。

オリーブドラブのHBTは多くのミリタリーウェアに使用されていました。

このヘリンボーントラウザーズは確かに存在しましたが、そのスペックなどの記録は残っていない珍しいトラウザーズを復刻したそうです。

それではスペックを確認していきましょう。

目次

【The REAL McCOY’S】 ザ・リアルマッコイズ

旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズのタグ

【The Real McCoy’s】=「正真正銘」「本当の本物」アメリカのボクシングチャンピオンKID.McCoyを同名の選手と区別するために生まれた俗語。

アメリカンミリタリーやワークウェアのアイテムを高度な再現技術で製造。

ヴィンテージアメリカンカジュアルウェアのディテールや素材にこだわり、当時のクオリティを再現することを目指している。

アメリカンミリタリーの歴史やデザインに敬意を払いつつ、本物の雰囲気を再現したフライトジャケット、デニム、ワークパンツなどのアイテムを展開。

ファッション愛好家やコレクターから支持を受け、高品質なアメリカンカジュアルウェアを提供している。

We felt some kind of frustration. That was the beginning. Market is flooded with so many products, and people seems to enjoy abundance. But haven’t we all be blinded by the showiness of those things? Just say “NO!” to them. Now is the time to seek a “Real thing.”

That’s why we have developed this new “Ultimate.” It’s born out of our relentless search for authenticity even without considering the cost. Material is truly authentic. We never compromised in detail. That is the policy we stick to in making any product.

Now why don’t you open the box? We can promise that the minute you open it, you’ll find a new life style.

Yes, it’s our pride!

【History】 歴史

旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズの13個の星を象ったメタルボタン

1987年、イラストレーターの岡本博が当時の仕事先である雑誌POPEYEの特集において、限定300着のA-2フライトジャケットを制作し販売、予約時点で完売という大反響を受けて翌1988年に会社ザ・リアルマッコイズ・ジャパン (旧リアルマッコイズ)を興す(1990年法人設立)。

設立当時には現フェローズ代表の志村昌洋もスタッフに名を連ねていた。

その後、フライトジャケットの復刻ブランドとして名を上げ、1997年にはジョーマッコイを誕生させ、ジーンズ業界に本格的に参入を果たす。

しかし2001年、手形の詐取が原因となり、同年6月16日、東京地方裁判所へ民事再生法を申請し倒産した。負債総額は2000年5月の時点で約11億3000万円。

翌年、兵庫県神戸市の特約店 NYLON (ナイロン) が後を引き継ぎ、ザ・リアルマッコイズ・インターナショナル (現リアルマッコイズ) として現在に至る。

引用:『ザ・リアルマッコイズ』2023年3月17日 (金) 12:54 (UTC)ウィキペディア日本語版

McCOY’S Trousers Olive Drab Herringbone Twill 1995s

旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズの前面
旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズの後ろ面
  • 製造年:1995年製
  • メインマテリアル:100%コットン・オリーブドラブヘリンボーンツイル
  • フロントフライ:メタルボタン
  • サイズ:31
  • 実測値(素人採寸の為、多少の誤差あり)
    ウエスト:80cm
    わたり:31cm
    股上:31cm
    股下:90cm
    裾幅:24cm

※不確かな情報は掲載しないように心がけておりますが、もし間違った情報に気づかれた方はコメント欄より教えていただけると幸いです。

【Detail】 詳細

旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズの腰回りを横から見た画像

コインポケットとバックポケットは両玉縁仕立て。

旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズの前開き
旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズの13個の星を象ったメタルボタン

フロントのメタルボタンは『13 Stras』。刻まれた13個の星はアメリカ独立宣言時の13州を意味します。

旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズのスレキ

ポケット布はハリと厚みのある生成りのスレキを使用。コットン100%。

旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズの裾
旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズの巻き縫い

裾は5cm幅の極太三つ折り仕様。脇はハードな使用にも耐えられるよう巻き縫いでがっちり縫製されています。

旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズのタグ

ベルト裏に縫い付けられたマッコイズオリジナルタグ。その脇にはスタンプでウエストと股下のサイズを表記。

旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズのオフセット仕様のベルトループ

背中心のベルトループはオフセット仕様。当時、ミシンの性能がまだ未熟だった頃の名残です。

【What is HBT】 ヘリンボーンツイルとは

旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズの洗濯後腰回りの画像

HBT(=Herringbone Twill、ヘリンボーンツイル)は、織物の一種であり、特有の織り模様を持つ織物です。

この織り方は、矢印のような形をしており、その模様が魚の骨(herringbone)に似ていることからその名前がついています。

ヘリンボーンツイルは、主に織物やテキスタイル製品に使用され、現代ではファッションアイテムや家庭用品で見られます。

主な特徴としては以下の点が挙げられます:

  1. 模様: ヘリンボーンツイルの最も特徴的な部分は、斜めに交差する繊維の模様です。これにより、繊維が独特の矢印模様を形成します。
  2. 強度と耐久性: ツイル織りは一般に強度があり、耐久性があるため、ヘリンボーンツイルも強固で丈夫な特性を持ちます。このため、衣料品やアクセサリー、ホームファブリックなどで使用されることがあります。
  3. ファッションアイテム: ヘリンボーンツイルは、スーツ、コート、スカート、パンツなどのファッショナブルな衣料品に広く使用されます。その特有の模様が、シンプルでありながらも洗練された印象を与えます。
  4. デザインのバリエーション: ヘリンボーンツイルは、さまざまなデザインや色で提供されています。これにより、様々なスタイルや用途に合わせて選択することができます。

ヘリンボーンツイルは、その独特なデザインと機能性から、ファッションやテキスタイル製品の分野で人気があります。

【Pants and Trousers】 パンツとトラウザーズの違い

旧リアルマッコイズ1995年製チノトラウザーズ2本と1995年製マックイーントラウザーズ

「パンツ」と「トラウザーズ」は、基本的には同じ種類の衣類を指しますが、一般的には地域や文化によって使用される言葉が異なり、微妙な違いがあることがあります。

一般的には、アメリカ英語では「パンツ(pants)」が一般的に使用され、イギリス英語では「トラウザーズ(trousers)」がよく使われます。しかし、これは厳密な規則ではなく、両方の言葉が異なる地域で理解されています。

一般的な傾向としては、アメリカ英語では「パンツ」がジーンズやカジュアルなズボン全般を指すことがあり、イギリス英語では「トラウザーズ」がよりフォーマルなスラックスやドレスパンツを指すことがあるとされています。

要するに、この用語の違いは主に言語や地域によるものであり、特定の文脈での使用方法が影響します。

【Wash】 洗濯後の縮率と生地感の変化

旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズの横から見た画像

今回紹介したトラウザーズを普段着として使いたかったので、裾直し(丈上げ)をすることにしました。

このパンツ、股下が90cmもあって多分99.9%の日本人は裾直し必須なぐらい長いのです…。

旧リアルマッコイズ1995年製ヘリンボーンを使ったマッコイズトラウザーズのスレキ

表地のヘリンボーンは比較的しなやかだったのですが、ポケット布などを確認すると製品洗いはかかっていなかったので、一回洗濯機にぶっ込むことにしました。

加えて体型が変わりパンツ自体をなるべく縮めたかったので、洗濯の後に天日干しではなく乾燥機にて強制乾燥も行いました。

未洗い洗濯+乾燥後縮率
ウエスト80cm78cm-2cm
わたり31cm31cm0cm
股上33cm31cm-2cm
股下90cm87cm-3cm
裾幅24cm24cm0cm

洗濯後は生地に凹凸が現れて光沢が鈍くなり、ミリタリーアイテムらしいゴリッとした雰囲気に生まれ変われました。

サイズはどちらかといえば縦方向に縮んだ印象です。

チノのときは横方向に縮みましたが、この辺は生地の組成の違いなのかもしれません。

パッカリング(縫い目の間にできる畝のこと)も出て良い風合いです。

ちなみにお直しは、全国展開のマジックミシンに初めて出すことにしました。

  • 料金
    三つ折り1210円+裾の折り幅5cm以上の追加料金550円=1760円(税込)
  • 納期
    午前中に出したら翌日夕方渡しで、即日仕上げの場合は追加料金(確か300円ぐらい?)かかるそう

なんかこういう工賃もなかなか高くなりましたねw

まあ三つ折り処理だったので、即日仕上げのジーンズショップで良かったかも…。

裾上げはこんな感じで仕上がってきました↓

元の折り幅と同じ三つ折りでばっちり仕上げていただきました。

ただこのままだと縫い目が浮いた感じなので、裾直し後は必ずこの部分だけ水に通すか、丸っと洗濯しています。

今回は丁度洗濯機を回す予定だったので洗濯することにしました。

生地に縫い糸がグッと沈んで違和感が無くなりました。いい感じです。

コチラもチノと同じく着用に至るまで約4日かかりました。

さてさて。

アイロンでギュッとプレスしてセンタークリースをビシッ!!と入れてもいいし、まんま洗いざらしでもそれはそれで雰囲気が良いし。

靴はチャッカにしようか、あ、ちょっとボリュームのあるスニーカーでもいいなぁ。

はい、色々と妄想してますw

では。

Please share if you like!!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

旧リアルマッコイズとバズリクソンズのコレクター丨ブログ『(主に)旧リアルマッコイズ研究所』を運営丨突き刺さる人には突き刺さるみたい丨コレクションの管理が難しくなってきたので、一部をオークションにてお譲りしています|

コメント

コメントする

目次