MENU
ぺた
旧リアルマッコイズとバズリクソンズのコレクター丨ブログ『Flight Jacket研究所』を運営丨突き刺さる人には突き刺さるみたい丨コレクションの管理が難しくなってきたので、一部をオークションにてお譲りしています|
【オークション】旧リアルマッコイズB-3&B-2出品中!!

【The REAL McCOY’S】 D-1 1992s 旧リアルマッコイズ

旧リアルマッコイズ1992年D-1

本日ご紹介するのは旧リアルマッコイズ1992年製のD-1です。

同年に発売されたD-1をもう一着持っていますが、ポケットのレザータブが無いのとポケット布のスタンプが少し違うだけで、その他に特に変更点はありませんでした。

せっかく写真を撮ったので一応載せておきますw

以前紹介したD-1はこちら↓

それではスペックを確認していきましょう。

目次

【The REAL McCOY’S】 ザ・リアルマッコイズ

旧リアルマッコイズ1992年製D-1のパッケージ

【The Real McCoy’s】=「正真正銘」「本当の本物」アメリカのボクシングチャンピオンKID.McCoyを同名の選手と区別するために生まれた俗語。

アメリカンミリタリーやワークウェアのアイテムを高度な再現技術で製造。

ヴィンテージアメリカンカジュアルウェアのディテールや素材にこだわり、当時のクオリティを再現することを目指している。

アメリカンミリタリーの歴史やデザインに敬意を払いつつ、本物の雰囲気を再現したフライトジャケット、デニム、ワークパンツなどのアイテムを展開。

ファッション愛好家やコレクターから支持を受け、高品質なアメリカンカジュアルウェアを提供している。

We felt some kind of frustration. That was the beginning. Market is flooded with so many products, and people seems to enjoy abundance. But haven’t we all be blinded by the showiness of those things? Just say “NO!” to them. Now is the time to seek a “Real thing.”

That’s why we have developed this new “Ultimate.” It’s born out of our relentless search for authenticity even without considering the cost. Material is truly authentic. We never compromised in detail. That is the policy we stick to in making any product.

Now why don’t you open the box? We can promise that the minute you open it, you’ll find a new life style. Yes, it’s our pride!

【History】 歴史

旧リアルマッコイズ1992年製D-1のタグ

1987年、イラストレーターの岡本博が当時の仕事先である雑誌POPEYEの特集において、限定300着のA-2フライトジャケットを制作し販売、予約時点で完売という大反響を受けて翌1988年に会社ザ・リアルマッコイズ・ジャパン (旧リアルマッコイズ)を興す(1990年法人設立)。

設立当時には現フェローズ代表の志村昌洋もスタッフに名を連ねていた。

その後、フライトジャケットの復刻ブランドとして名を上げ、1997年にはジョーマッコイを誕生させ、ジーンズ業界に本格的に参入を果たす。

しかし2001年、手形の詐取が原因となり、同年6月16日、東京地方裁判所へ民事再生法を申請し倒産した。

負債総額は2000年5月の時点で約11億3000万円。 翌年、兵庫県神戸市の特約店 NYLON (ナイロン) が後を引き継ぎ、ザ・リアルマッコイズ・インターナショナル (現リアルマッコイズ) として現在に至る。

引用:『ザ・リアルマッコイズ』2023年3月17日 (金) 12:54 (UTC)ウィキペディア日本語版

D-1 1992s

旧リアルマッコイズ1992年製D-1
旧リアルマッコイズ1992年製D-1後ろ
  • 製造年:1992年製
  • マテリアル
    ラムスキン(レスター、コーリンダイル、ロムニーの三種類)
    原皮調達及び皮革加工はニュージーランドとオーストラリア
    ウールの着色はミルスペックの規定色のライトイエローに染色
  • コーティング
    下地剤を塗布したベースに、規定色ブラウンのポリアクリル塗料をスプレー吹き&プレスの工程を8回、仕上げに防水透明ラッカー塗料を2回
  • レザーパーツ
    腕の充て革とパッチポケット、そして縫い目を補強するテープはすべて馬革。植物タンニンをベースに最終工程にはクローム鞣しをほどこし強靭に。
    ベルトは米国のガンベルト&ホルスター革専門のメーカーへの特別発注
  • 金属パーツ
    バックル:真鍮製・ニッケルフィニッシュ。
    ドットボタン:R.A.U. 社製ミリタリー仕様 【Government Black】コーティング
    ジッパー:オールコットン製3/4インチテープを製作しスライダーは、ミリタリー規格、真鍮製
  • 縫製:慎重にハンドカットされたマテリアルを、熟達したミシン職人の選抜クルーにより、当時と同じ手法(一人の職人が一着を責任生産していく手法)で製作。
  • サイズ
    Small
  • 実測値(素人採寸の為、多少の誤差あり)
    肩幅:52cm
    身幅:55cm
    着丈:62cm
    袖丈:53cm

不確かな情報は掲載しないように心がけておりますが、もし間違った情報に気づかれた方はコメント欄より教えていただけると幸いです。

  • Materials
    Three kinds of ram skin are used: Leicester, Corriedale and Romney, as well as the U.S. original type B-3.
    The materials were purchased and made in New Zealand and Australia.
    Wool in dyed in light yellow as designated in the Military Spec. and is cut in four kinds of length.
  • Coating
    The grounding agent-coated base is sprayed with brown polyacrylic and is pressed. This process is repeated eight times.
    That base is coated with waterproof transparent lacquer twice for finishing.
  • Leather parts
    Horsehide tanned first and chromed finally for high durability is used as an arm pad, a patch pocket and a tape for reinforcing the seam.
  • Metal parts
    Belts are customized by a holster (gunbelt) manufacturer in U.S.
    Buckle is brass-made and nickel-finished. Dot buttons are coated by R.A.U Corp. in accordance with theU.S. military spec. (Government black).
    Zipper uses a cotton 3/4inch tape as the original, and its slide is brass-made.
  • Sewing
    Material cut carefully is sewed by skilled sewing staff in the same manner as the past (in which each workman makes one suit on his own responsibility).

【Detail】 詳細

【Accessories】 付属品

旧リアルマッコイズ1992年製D-1の付属品
旧リアルマッコイズ1992年製D-1の付属品

【Package】 化粧箱

旧リアルマッコイズ1992年製D-1のパッケージ

【What is D-1】 D-1とは

旧リアルマッコイズ1992年製D-1横

出撃任務を繰り広げる爆撃機や戦闘機の保守任務を担うのが、下士官地上要員や航空整備員など、いわゆるグランドクルーの大切な役割です。

彼らクルーメンバーを厳しい寒さから守ったのが、このD-1ジャケットです。

第二次世界大戦当時ウインドフラップや身頃のジップクローズのポケットやシンプルなフォルムの中に必要な機能が込められた、秘めたる傑作ジャケットといえるでしょう。

実は偵察飛行任務のフォトグラフ要員や航空観測のオブザーバーらによって、 フライトジャケットとして着用され、大空で活躍することも少なくありませんでした。

その優れたスタイルは戦後民間に放出されると、その使い心地の良さから大人気を博したほどでした。

サイズが数字の表記ではなく、S、M、Lのアルファベット表記で、サイズ展開が絞られていたようです。

また、生産時期やコンタラクターによって個体差も結構あったようで、初期の頃はスラッシュポケットの無い、シンプルなデザインの物も存在したようです。

【Precare】 新品のD-1をこなれた感じに演出する方法

旧リアルマッコイズのレザークリームなどのケアアイテム

まず新品状態で、一度オイルを塗ります。 全体が柔らかくなるまで各部を揉みほぐします。袖に腕を通し、動かして何度も折りジワをつけます。

取り付けられたそれぞれのパーツのコバ (革の切断面の白い地色が見える部分)には、オイルや適当な色の靴墨などを塗ります。

これだけの作業ですが、何度か繰り返しますと新品のD-1が見違えるほどこなれた風合いになります。

ただし程々に。

How to make your B-3 jacket a little worn out stylishly before the coming winter

Rub oil into the whole leather part of your brand-new B-3 jacket once.

Then crumple the leather until it becomes soft.

Wear the jacket and move its sleeves many times to make a crease.

For the parts installed (where the white ground on the cross section of the leather can be seen), apply oil or shoe polish of a proper color to those parts.

That’s all.

Repeating the above procedure makes your brand-new D-1 jacket so worn out that anybody hardly recognizes it.

But don’t do that too much!

Remember that this is a rough-and-ready way.

Natural “worn-out” feeling is proportional to the time when you wear the jacket actually.

【Maintenance】 D-1のメンテナンス

旧リアルマッコイズ1992年製D-1の裏地

通常使用では特に神経質になる必要はありませんが、時々はボディの埃や汚れを柔らかいブラシか布で軽く払ってください。

ウールの側は表側より頻繁にブラッシングしてください。

汚れが目立ちはじめたら、染み抜き用のベンジンを布にたらし、軽く叩くようにつけます。

汚れが浮いてきたら拭い取るときれいになります。


マッコイズのD-1は協力なコーティングを施してありますが、雨や水に濡れた場合は、タオル等で軽く叩くようにして、水分を取り除いてください。

ひどく濡れてしまった場合は、吸湿性の良いタオル等で全 体の水気を吸い取り、形を整えてから通気性の良い所で陰干しして下さい。

もし、カビが生えてしまった場合は早めに濡らした布を堅く絞って拭い取ってください。

革には革自体が本来持っている脂と、鞣しの時に加えられる油分があります。

革がいつもベストコンディションでいるためには適度な油分補給が必要です。

手の平に延ばしたオイルを薄く全体塗り延ばしてください。

ただしベルトの裏側に直接塗ると色が濃くなるので注意してください。

オイルを塗り終えたら、そのまま通気性の良いところで、一昼夜ほど置き、翌日余分なオイルを布で拭き取ってください。

水に濡れてしまった場合の油分補給は、完全に乾ききらないうちにやや多めにオイルを塗ってください。

パーツにはホースオイルそしてボディ本体にはシープオイルをお勧めします。

How does your D-1 jacket make good wearing? It is not too much to say that depends on maintenance.

Usually, you do not have to be too sensitive about your jacket.

Sometimes you are expected to wipe away dust with a soft cloth or brush.

Especially, brush the rear aide of the jacket more frequently.

If your jacket begins to show the dirt,  dip a cloth into benzine for stain removal and hit the jacket with that cloth lightly.

If the stains have begun to be removed from the jacket, wipe them away.

The D-1 in coated strong.

If you have got the jacket wet in the rain or snow, however, wipe away water or rain drops by hitting the jacket lightly with a towel or something like that.

Then fix the jacket and dry it in the shade at a well-ventilated place.

If the jacket gets moldy, wipe away the mold with a damp cloth.

Any leather contains its own fat and the oil content coated in the tanning process.

To keep the leather condition best, it is necessary to apply an appropriate amount of oil to the leather.

Apply a thin coat of oil to the whole leather by hand.

Remember that direct coating on the rear side of the belt will darken the leather.

After oil coating, leave the Jacket at a well-ventilated place all day long and wipe the extra oil off on the following day.

For wet parts of the Jacket, apply a little larger amount of oil to those parts before the jacket dries up.

We recommend you to use horse oil for the jacket parts and sheep oil for the jacket itself.

【Cleaning】 クリーニング

旧リアルマッコイズ1992年製D-1のエアフォースマーク

AAFマークに確実にダメージをあたえるのであまりおすすめしませんが、もし出される場合は信用のおけるクリーニング店へご相談ください。

Please share if you like!!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

旧リアルマッコイズとバズリクソンズのコレクター丨ブログ『(主に)旧リアルマッコイズ研究所』を運営丨突き刺さる人には突き刺さるみたい丨コレクションの管理が難しくなってきたので、一部をオークションにてお譲りしています|

コメント

コメントする

目次